FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勉強と学習は違うって言うことが書いてある本


勉強しなければだいじょうぶ勉強しなければだいじょうぶ
五味 太郎

朝日新聞出版 2010-04-07
売り上げランキング : 112588

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



勉強というのは中国語に訳すと
『無理する』とか『苦しんで成す』とかという意味らしい。


昔、日本には『寺子屋』とか『藩校』とか言うような学習システムがあった。

勉強が一方通行なのに対して、
学習は双方向。

教えられたことを覚えるのが勉強なら
なぜ、そうなるかを考えるのが学習。

この違いは大きい。


ことに臨んで、不都合や困難が生じたとき。
勉強で得た知識はほとんど役に立たないことが多いが。

学習したことは役に立つ。

昔の日本にはそういう風土があった。

今の学校教育は、
極度にカスタマイズされたシステムに対応するためのものという感じがする。


ここ数年で日本のシステムそのものも様変わりしてきた。
しかし、学校教育のシステムだけは相変わらずと感じるのは私だけだろうか!?


スポンサーサイト
大河ドラマも人気のようですが

明治維新。
コレは日本にとっては大きな一歩だったことは間違いありません。

維新の立役者は
モチロンみな偉人です。


当時の事情としてはしかたなかったのでしょうが
維新以後の間違いは

いや、間違いというより
残念なのは

欧米が優、東洋が劣的な風潮が幅を利かせ
日本独特の文化・思想が全否定されてしまったことじゃないかと思います。

そして、現在までその影響は色濃く後を引いています。


コンプレックスとでもいうか
欧米人を高く、その他の人種を低く見る傾向が

誇りをなくしつつある日本人の姿。


いまワールドカップが行われています。
”サムライジャパン”と称される選手たちは
臆することなく奮闘しています。


そして、それを見る海外の人々は
いまだに日本人イコール”サムライ”というイメージを根強く持っています。


そうです、
自信をなくす必要はありません。

いまでも日本人は紛れもない”サムライ”なんです。


しばらく更新していませんでしたが、
これから

日本人の魂を更新していきます。
最近、お気に入りのブログです。

Real Love(愛の真実)
本当の愛を語ろう、恥ずかしがらずに・・・。

http://ameblo.jp/mobi1/

言葉は乱暴ですが、今の日本、人間に大切なことが書いてある。



『言の葉のちから(言霊:メッセージがあなたを救う)』
http://ameblo.jp/keihanagata/

ストレートにメッセージが伝わってくる。

WHOもフェーズ6ということで、
厚生労働省 も新型インフルエンザ対策に躍起です。

あいかわらず、新型インフルエンザ マスクを買いに走り回る人々。
巷の薬局はマスクが品薄状態。

同様のことが新型インフルエンザ 予防接種にも
有識者の会議でも喧々諤々の議論が。

しかし、本当は
自身のの免疫効果を高めるべく、
普段から栄養・運動・休養をとることこそ

新型インフルエンザ 対策の一番の近道でしょう。
2009.05.15 友人の死
ネットはいろんなことを、いろんな形で教えてくれる。

昨日放送された、『秘密のケンミンショー』という番組。
偶然見ると、あるコーナーで舞台は私の故郷 『青森市』。
そして、登場人物を見てビックリ!、昔よく言っていた洋風居酒屋のマスターではないか。

彼は、才能のある楽しい人で、地元・東北で演劇やTVラジオにも当時から出ていた。
その居酒屋は、ある友人つながりでよくお邪魔していました。

青森といえば『ねぶた祭り』。
その友人がマスターに頼まれて、店の前のねぶた製作を私を含めた仲間で製作しました。

楽しい思い出です。

TVを見ていてそんなことを思いながら、ネットでマスターを検索した。
すると、ブログをやっていました。

ずーと見ていくと。
あるタイトルに目が止まりました。

今年の2月に、その友人が亡くなったという記事。
彼は、私よりひとつ年上だったのでまだ46歳。

少なからずショックを受けました。

疎遠になっていたくらいなので、すごく親しいと言うわけでもないけれど、
無口で、笑顔を絶やさないとてもやさしい男でした。

当時の仲間と一緒に写っている写真を見ながら、
いろいろ思いをめぐらして、あまり眠れなかった。

そして、普段はほとんど飲まないビールを。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。