FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.16 原点回帰
現代社会の大きな問題として”アレルギー”があります。

少なからず誰もが抱えている問題です。
食物アレルギーは急激な生活環境の変化がもたらした疾病のひとつです。

私の娘もアレルギー体質なので食事がなかなか大変です。

色々教えていただき実際に行っていることを参考までに

現在は食べられる食品でも、繰り返し大量に摂取すると、その食品に対しての抗体ができアレルギーを起こすことがあります。

この場合、メニューではなく原料のレベルで把握しておく必要があります。

方法としては1週間程度間隔をおいて食べるなどです。

 例: 豆腐・味噌・きな粉・豆乳などは全て大豆なので、違うものであっても間隔をあけるなどの摂取の仕方を心がける。

又、一般的に食物アレルギーを起こす原因となるタンパク質は、加熱すると変性しアレルギーを起こにくくなることが知られています。

したがって、加熱調理することで食物アレルギーのリスクを軽減することが可能になります。

例: フルーツなども初めて食べる時は、シロップで煮るなどの工夫をするほうがリスクを減らせます。

食用油の過剰摂取は、アレルギーの症状を悪化させるといわれています。

炒め物などもテフロン加工のフライパンを利用すると使用量を減らすことができます。

また、食用油の種類でリノール酸を多く含む油は、アレルギー症状を悪化させるというエイコサノイドを体内で生成します。したがって、エイコサノイドの抑制を促進するアルファリノレン酸を含む油を使うなどが良いでしょう。

 例: リノール酸を多く含むサフラワー油・コーン油・ゴマ油ではなく、アルファリノレン酸を含むオリーブ油やフラックスシードオイルに変える。

他にも気をつけなくてはいけないことはたくさんありますが、理想的にはアレルギーが存在しなかった時代の生活を心掛けることなのでしょうが、なかなか難しいです。

食品一つとっても効率化などでまったく自然なものは少なく。
自然に近いものしか手に入りにくいです。

しかし、スローライフに代表されるシンプルな生活が見直されているのには希望が持てます。

原点回帰
原点に帰り、はじめからやり直すこと。
 

 
Secret

TrackBackURL
→http://sebone.blog54.fc2.com/tb.php/70-5bf63fc1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。